オオクワガタ 飼育部屋 紹介

神長きのこ園さんの神対応の続きなのですが、
言っていた数よりも多く送ってくれました。

菌糸詰め失敗への励ましも頂き、感謝です。

こうなると神長菌糸は今後も外せないですね。

余った菌糸を何に使ったかというと、最初の
マツノ久留米幼虫の菌糸交換です。
S3・S5に投入した5頭のうち食痕出たのが
1匹だけだっのでもうダメかと思ってました。

ダメ元でS5に投入していた幼虫のボトルを
掘り返したら…

4748FBFD-4E35-460E-8629-50A393F2EA2E.jpg

生きてました。2令でしょうか。
S5じゃ強すぎるのは間違いなさそうなので
S4でゆっくり大きくなってもらいたいと
思います。

さて、昨日言っていたブリードルームです。

FA2F0C5D-F1C0-445D-9E41-86EA3FF561D1.jpgEA306360-C1F2-418F-A9F7-83AB42923682.jpg

6畳ルームです。
左からクワガタコーナー
真ん中、ポリプテルスコーナー
奥がメダカ+用品コーナーとなってます。

今回はクワガタ関係中心に。

3C37D90D-2924-4320-9D24-854F79C5205C.jpg

結局1.5棚分を使っている状況です。
棚数を増やす(自作予定)ことで、
よりボトルを置けるように
したいと考えています。

たとえブリード数が少なくても、
・幼虫が入ったボトル
・菌糸を回しているボトル
・空ボトル
を考えると棚の追加は今後必要ですね…汗。

49BCAC75-B630-4594-80B3-0F97354F710A.jpg

勝手な勘ですが、菌糸周りは温度が高いと聞いたので配置を考えてボトル間の間隔を広くするようにしています。意味があるかは不明。

0D13505A-7C09-488B-9AB4-9BC6E36BC72E.jpg

後は一番奥の棚です。
一番上は菌糸詰用品を置いてます。
何か綺麗ではないので工夫が必要です。

二段目はマットです。

0DF9C2F4-C3D1-4700-AF11-CF7C6F16E582.jpg

僕はこんな感じでマットをいつでも使える
ようにしています。

33EF826D-8D5D-49CD-A188-B01E3F2B955C.jpg

下2つの段が、上から頻繁に使う道具
下がマット予備・ゴミ袋など大きなものです。

B9378139-F2B4-4BD1-834E-0B89FE26ED88.jpg

ちなみに頻繁に使うものは↑のように、
それぞれ配置。
一応意味を持たせているんですけどね。
自分の作業動作を考えて。


温度は24〜26度でエアコンつけっぱなし。

一切嫁は入ってきません。笑

まぁこんな所ですね。
モチベーションの維持は、常に清潔にすること
だと思ってます。僕の場合ですが。








オオクワガタ 飼育用品 マット 転倒防止材

週末にホームセンターに行って
買い物してきました。

547353D9-8176-48B9-B1D2-572397E98A66.jpg

まずは我が家のゴミ箱から。

12532682-F8C9-4366-A5AF-0A2D72FA7375.jpg

余っているダンボールを使っています。
そこに45リットルの袋をかけてます。


ED13EA63-D70B-469F-B1DA-D7070E1931F9.jpg

さらに、そこに30リットルかな?くらいの
小さい袋を入れて、クリップで三箇所を
留めています。

何が便利って…

170F4D50-9B5F-40FB-AC47-485D370468DE.jpg

マット交換時に、こんな感じで小さい袋に
ドバッと入れれるんですよね。
また、大きい方にそのまま入れちゃうと
臭いも大変なので、小さい方に入れます。

5A04FAF2-5097-4760-B83A-10E2FDAF5B25.jpg

で、交換したら袋を縛ってそのままゴミ箱に
ポイです。かなり作業が捗ります。

次はバークチップ。
ホームセンターでインテリアバークチップと
して売られています。400円くらいかな。

E1062DDA-BB06-4933-92BE-8CCF24AA65F0.jpg

これは足場(転倒防止用です。)

8D02826D-51AD-4635-ABE2-1B69F6A240D4.jpg


FCC03B5D-4A04-42DF-84D8-A9A481C25D00.jpg

普通の転倒防止材(木)だと、汚れや湿気が
とても気になるんですよね…

見た目もなかなかよい感じ。


次回は我が家のブリードルーム全体を
紹介したいと思います。





オオクワガタ 久留米 菌糸 投入

28EA9936-4CCC-4A8F-8E8F-C03D3440F31F.jpg

さて、神長きのこ園さんの神対応とは
これですね。
さっそくボトル詰めされたS4が届きました。
(ん?相談した数より多いぞ?笑)

結局、自詰したボトル画像と環境を神長きのこ
さんに直接相談したんですが、使ってはダメと
即答。泣
すぐボトルを送ってくれました。



45C6877E-59CA-481E-903F-868D699CE4EA.jpg

というわけで、頂いた久留米6頭をボトルに
移動させます。

C8DC2C92-F02A-4E59-9A08-3779D731997F.jpg

元々、神長きのこ園さんの菌糸カップに入れて
いたのですが、全頭無事でした。
食痕が一番出ていた幼虫が一番小さくて
ビックリです。



65F21246-3BCD-47CE-8C0B-115A26D88322.jpg

棚がどんどん侵食されていく…


さて、次はウシくんから頂いた
メタリフェリホソアカクワガタのボトル替え。
(ついでにギラファノコギリも)

菌糸ではなくマットで行きます。

FF8AC3F0-9F63-4780-B6D2-0866FB099BF5.jpg

メタリは最初からマットですが、ギラファは
予想外。
ギラファ♀2匹は数ヶ月前に羽化しているの
ですが、♂はいつまで経っても羽化しません。
夏なのに温室入れたりしたんですけどね、
やっぱりダメです。
完全に羽化ズレで累代は厳しそう。

誰かインド マニプール産ギラファ♂を持って
いる人がいれば教えてください。笑








オオクワガタ 菌糸 まわらない

菌糸を自分で詰めてからもうすぐ二週間。

76AE6E13-42DC-42A3-99E2-00BB3D3BC742.jpg

左は神長きのこ園さんの既製ボトル。
まぁPPボトルでボトル自体も白いので
比較のしようもないですが、
右側の自詰ボトルもだいぶ菌が回って
きたように見えます。

しかし、問題は↓

8B43C636-A6AC-468A-A444-481B9E36B522.jpg

左が自詰ボトルですが、全然違う…
何故か表面に菌糸が回りません。。
しかも全てのボトルです。

アドバイスも頂きましたし、もう少し様子は
見ていきますが本当に心配です。

例えば、3週間経っても変化ない場合って
このままの状態で使ったらマズイんですかね?
勿体無くて…涙。

C18FBB00-8E76-43DE-9BF7-5BBD1C5B1CB4.jpg

よーく見るとうっすら白い菌が出てきていますが。


何がやばいって神長きのこ園さんって、
今の時期はブロック販売だけでボトル売って
なさそうなんですよねぇ。
プリンカップは神長きのこ園さんの菌糸プリカ
を使用中なので、ここからエクシードクラフト
さんに切り替える訳にも行かないし。

あー参りました。

オオクワガタ エサ レビュー

15A75F89-0619-4158-885C-476727862A30.jpg

近くのコンビニに行ったら、コクワガタ?の♀
がいました。
持ち帰ったら嫁に怒られると思い、
諦めて帰宅。

嫁に報告したら、1匹も2匹も変わらんから
気にしなきゃよかったのに、という予想外の
コメントを頂きました。

本当にこの趣味はうまーくやらないと
禁止されるので注意ですね。
なので我が家は常に綺麗に保つことを優先
しております。

さて、本題のエサです。
コレもマットと共に僕の中でまだ決めきれて
いない項目です。

色々試しましたが、やはりプロゼリーが
ダントツで食いが良かったです。
その次が、僕的にはエクシードクラフトさん
のゼリー。

この2つかな、と思っていましたが
中々の刺客が出て来ました。

18267C11-6C0D-43F6-BEA5-AC6EB9EB432A.jpg

DDAismさんのパウダーインゼリーです。
前回ボトルとノギスを購入した際にお試しで
買ってみました。

51D76D6A-32FE-4057-A225-1731139D5F55.jpg

↑ まっしぐらです。笑

また、説明なども見るとかなりの効果も
ある模様。。
成虫が元気になるだけでなく、生まれる幼虫
にも好影響を与えるとのことです。
来年のブリードでどう効果が出るか楽しみ
ですね。

価格もそこまで高くありません。
今までプロゼリーは近くのペットショップで
買っていたのですが、それと同じくらいかな。
10円/個 くらい。

難点は液ダレです。
ゼリーカッターで半分にすると液は出てしまう
のはもちろん、柔らかいのかゼリー自体も
ベロンとカップから剥がれてしまいます。

とはいえ、まっしぐらに食べている状況と
来期のブリードに好影響を与えれるかもしれ
ないということで、パウダーインゼリーは
継続採用したいと思います。

プロゼリーとパウダーインゼリーの二本立て
で当面は進めます。

本当は自作もしたいですけどね。




オオクワガタ 久留米 新着 & 個体整理

ついに来ました。
790933FB-4545-4A91-A346-56C157D49052.jpg

今日は到着したばかりなのでそのまま
そっとしてあります。

ドルクスエンブレム(クマモンさん)から
直接購入しました。

直接、という言い方も変なんですが、
知り合いのブリーダーの方がクマモンさん
から購入されると聞き、ついでにもう1ペア
一緒に買って!!というお願いをして実現
しました。
尚、証明書も自分の名前宛に書くように依頼を
するという図々しさ。笑
本当に感謝感謝です。

↓これが血統になります。
78F44E7F-B5F1-4730-B4E0-12B45745C5C2.png

なぜ買ったか、と言うと来年ブリードする
個体がいないからです。汗
昨年うまく産卵できなかったせいで今季の
新成虫がゼロ…

今いる幼虫は2019年用ですしね…
もしかしたら早期羽化とかでメスは来年に
使えるかもしれないので、もう1匹くらい
新成虫の♂を購入するのもありかも?と
考えています。
しかし、早期羽化なんて簡単にできるとは
思えないので、まぁ焦らず良い個体がいれば
探して行きたいですね。



で、ついでに今いる幼虫(ライン)情報。
※浜松産は省略。

①久留米
B0EAA49F-08D5-48A8-90BB-D526D741B50C.png

②YG
AEA87A90-6668-44B5-9383-9576AD74504E.png

後は、来年の羽化結果次第で自分の育てたい
血統を絞りたいと考えています。
(予算上、多くの血統は無理なので。)



オオクワガタ 菌糸 環境 更新

菌糸の状況です。

77AABF2F-80EA-403D-913F-E7AD2EBCBEDB.jpg

一週間でこの感じは合格ラインですかね?

ちなみに7本の内、3本はボトルの空気を
まわりやすくするために真ん中に穴を
入れてみました。

20665540-5FEC-4C76-B712-8826E38FAC5F.jpg

百均で買ったマドラー(棒)です。
金属だし中々良いと思います。
硬くなった菌糸の上からトンカチで叩き
中央に穴を開けます。

999A722E-EBD5-4939-B581-4C6A223075F3.jpg

まぁ、穴を開けてないボトルも菌糸はまわり
はじめているのでそこまで大きな影響は
無いかと思いますが、初めてなので比較を
したいですね。

さて、そんな菌糸の環境ですが…
一応部屋の環境を毎日記録し始めてます。

902BF79B-E622-4641-8DCC-138CDF6FE098.jpg

コレを見て疑問に思うことは…
温度計・湿度計の精度です。
(かなり怪しい…)
同じような数字が続いているんですよね。
もしコレが正しいなら、どれだけ管理力が
あんねん…って感じです。汗

やっぱり安い奴じゃダメなのかなぁ。

最後は生体の進捗↓

FB1133B5-7224-4C7C-8DBC-399375B82B39.jpg

まだ紹介できていませんが知り合いに
頂いた久留米オオクワガタ。
(虫蔵さん血統・クマモンさん血統 計6匹)
1匹は食痕出て来ました。
早く菌糸がまわってボトルに入れたいです。
再来週かな。

後は、うしくんスマトラオオヒラタ

77F94679-3DF4-4D29-BAE9-50244E379E84.jpg

結局1400ボトルで蛹→羽化しているので
そこまで大きくはないのだと思います。
しかし、普段オオクワガタしか見ていない
自分にとっては、本当にデカイ!!
迫力も全然違いますね。

スマトラオオヒラタの場合、本気で育てる
と菌糸がいくらあっても足りないので
マットで累代をしていくか、悩んでいます。

やること、悩むことが多いというのは
良い事ですね。














オオクワガタ 菌糸 相性

菌糸詰めから2日
詰めた直後
E3BAAE5C-36D9-463D-B8B3-F415F685C184.jpg


2日後
2547DA36-6219-411D-9878-76096BEA29E9.jpg

こう見ると白くなってきているんですかね。
ネットで見ると2日後には真っ白という情報
もあったのですが良いのだろうか…

また真ん中に空気穴は作っていないのですが、
結構強めに詰めた場合は穴を作るべきで
しょうか。分からないことばかりです。

さて、本題。
既に産地・ブランド毎にそれぞれ菌糸に
詰めている個体達の進捗です。


DA1BDC2A-E834-4ABE-A93A-6C1FA5A74545.jpg

だいぶ食痕が出できました。
しかし、大体同じタイミングで投入したものの
色々と差が出てきています。

・浜松産オオクワガタ
エクシードクラフトの菌糸ボトル 9本。
その内食痕が出ているもの7本。(78%)

・浜松産オオクワガタ
神長きのこのS3ボトル 6本。
食痕跡出ているもの2本。(33%)

・能勢YG(銚子オオクワガタ個体)
神長きのこのS5 8本。
食痕 7本。(87%)

・能勢YG(銚子オオクワガタ個体)
神長きのこのS3ボトル 3本。
食痕 3本。(100%)

・久留米(マツノインセクトの幼虫)
神長きのこのS3 x4 本、S5 x 1本。
内、食痕が出たのはS3 一本(20%)


うーむ…大体1月経ってまだ食痕ないものは
どうなっているのか気が気でないです。
こらから出るんですかね?

マツノ久留米は本当に後悔…
余ったボトルに入れた浅はかな考えが
良くなかったかもしれません。

何となくですが、能勢YGは神長きのこ
の菌糸でバッチリですが、浜松産(WF2)や
マツノ久留米などにはS3はダメなのかも?
と思ってしまいます。
S4が良かったんだろうなぁ。

この経験は来年以降のブリードに役立て
たいと思います。
また、菌糸も1メーカーではなく、2メーカー
は揃えた方がよいですね。もし途中で確保
できなくなったらオワリなので。

神長きのこさんの菌糸は確定として
もう1メーカーをどこにするか悩み中です。










オオクワガタ 菌糸 詰め

本日も色々到着しました。
左は神長きのこ園さんから。
右はお世話になっているブリーダー様から。

BDB16CE2-0F99-413A-99EB-BE0E8D976B5F.jpg

久留米血統+α?の幼虫をまたまた頂けたので
急遽、菌糸準備へ。

03CF2C5C-97F9-46DC-BBB4-D1BDA77B228E.jpg
↑ボトルで販売していなかったので、一時保管
としてプリカ菌糸を購入。


2BE01EC8-6493-4AC0-AC72-117583F9E3D2.jpg

↑今回は久留米ということでS4を購入。
プリカ菌糸→S4も問題ないとのこと。

48C9C841-4883-41CA-87A7-005B8D4F71BE.jpg

まずは使う道具を全部並べて…

79E4BFE4-9B4D-469A-8CF5-C0F19ECDD716.jpg

エタノールで消毒していきます。

EBA14A68-B9F6-4A56-84F1-B1DDF593093D.jpg

↑ 菌糸ブロックをほぐす作業をしたのですが、
初ブロックの感想は、本当にパンのような
感触ですね。
パンナイフで表面を削る理由がわかりました。
今回お好み焼きの返しで削りましたが、
次回はパンナイフにします。

で、バーベキュー網で崩そうと思っていた
のですが、素手で揉んでも普通に崩れました。
皆さん、網を使う理由って何ですか??

とりあえずF3+を全体にかけました。


FCA60194-5A55-440B-BC7D-63EFE16B4AA4.jpg

↑今回頂いたハンドプレス。
市販の短い奴より数倍使いやすい。長さが
ある方が良いですね。
手だけで押すのではなく、お腹で押せます。


9E54611E-1B85-4C92-8A3F-2853BAE60F06.jpg

大体620g前後で詰めることができました。
1ブロックで3本の計算でしたが、3.5本は
取れますね。これは嬉しい誤算。

E3B34D17-7C44-400D-88B1-D8AABC655E12.jpg

初めてのボトル詰めでした。
うまく菌糸が回ることを祈ります。







オオクワガタ 飼育道具 追加

ボーナスが入り自分のお小遣い分を今回は
クワガタに使ってしまいました。
まぁどこかで必要になったのでしゃあない
ですよね。。


今回はD.D.A ismというショップから購入。

FBD8E2EE-2510-40B0-A8A2-84E0DE1D1AEC.jpg


2E78155F-07CF-4A9B-B957-9F5821578E5D.jpg

ほぼボトルですけどね。

①クワノギス

AC9D1065-16A7-4804-BF50-BDE8DAD6490E.jpg

コレが欲しくて、今回は色々追加で発注
しました。
他のショップでもっと安いモノもあったので
悩んだんですけどね、今までの経験上、
安くて我慢はできても期待値と同等なものが
来た事はないので、少し良いものを買いました。
意味もなく測定しそうです。笑

②ボトル

321C9DE3-5F9B-41A0-ACD9-764BD8616CD9.jpg

以前ブログでも記載していたのですが、
PPボトルを探していたんです。
色々探して見つけたには見つけたのですが、
クワノギスも買いたかったので、今回は
クリアボトルにしました。

800ccを20本と1500ccを20本。
ハンドプレスだと思った以上に詰めれない
という話を聞いたので、1400cc=950g詰める
前提でいた身としては、ゆとりをもった形で
1500ccボトルで良いかと思っています。
(菌糸ブロックが余る方が嫌なので…)


8A21F31A-4A3F-4DEB-8671-869448E18042.jpg

通気穴3つにフィルターの構造。
中にスポンジフィルター入っているタイプは
黄色くなるし、取り替えるのもめんどくさい
のでシンプルなモノにしました。

これ、他の店でも売ってたかも。
もし同じモノだったとしたらこの店の値段
安いと思います。

4CD312ED-3C19-4779-83E1-067334BFE6DB.jpg

さて、ついに横の棚を浸食し始めました…
コレはけしからんので対策考えます。
今菌糸が入っている右の棚も二段にできれば
容量は倍増するので、どう上に重ねるかを
検討中。


③エサ

960EF3F0-E4BF-490E-8DFE-A77822573E37.jpg

気になったのでパウダーインゼリーを試しに
一袋。(左)
右の植物性タンパクゼリーはおまけで頂き
ました。

まず、印象としては液だれが多いと感じます。
カッターで切り込み入れても中から液が
ドピュッと出て来ますし、スプリッターで
半分にすると液だれはもちろん、ゼリー
もベロンと分離されてこぼれちゃうんです。

綺麗に飼育派としては、ちょっと痛い…


853027C7-F6DE-492A-A964-A22363E17CCE.jpg

まぁそうは言っても性能は未確認。
一応プロゼリーの横に置いときました。

コレで食いがよく成虫が元気になるならば
リピートも考えて行きたいと思います。